格安SIM比較ジジイ

iPhone×格安SIM

サイトマップ

楽天、FREETEL事業買収で格安SIM拡大狙う



楽天モバイルを運営する楽天が9月26日、FREETELの一部事業の買収を発表しました。


今回買収されるFREETEL事業とは

FREETELが事業展開するプラスワン・マーケティング(POM)。
月額299円〜と格安SIMの中でも破格の価格提示。
にもかかわらず知名度は低く、事業の伸びも良いとは言えずにいる状況。
ですがiPhone、iPad専用SIMを販売するなどの独自性が特徴です。

FREETEL公式サイト

楽天買収内容

楽天は、FREETEL国内MVNO事業を5億2000万円で買収すると発表。
会社分割方式で11月1日から楽天が運営主となります。

楽天が受け継ぐ事業内容は「FREETEL SIM」の「使った分だけ安心プラン」「スマートコミコミプラン」、FREETEL SIMに付帯する通話サービス「FREETELでんわ、「YAMADA SIM PLUS powered by FREETEL」、「ニコニコSIM(仮)powered by FREETEL」などが挙げられます。

また、freetel mobileブランドの通信事業、プリペイドSIM事業は対象外とのこと。

FREETELユーザーの今後

今回の買収に伴う、いまFREETELのユーザーのひとの契約内容やAPN設定はそのままで大丈夫だそう。
また、キャンペーン適用中のひともそのままキャンペーンが受け継がれるそうなので安心してそのまま使えます。
とはいえ契約先は楽天に変わります。

今後に期待

楽天はいま楽天モバイルという格安SIMサービスを販売中です。

今回の買収により、今後楽天モバイル
のサービス充実やプランの展開などがきになるところです。

囲い込み事業が得意な楽天は今後、スマホユーザーの大量囲い込みに成功しれば格安SIM事業でトップに立つことも遠くはないのではと思います。





格安SIMでお得に賢く生きたい人のためのブログなのじゃ。ぜひ役立てて欲しいノォ